設置するだけで空気を綺麗にできる設備とは

空調設備の導入のために選びたい業者

綺麗な空気を保つ

新時代のベアリングを開発しているのがコチラの企業です。これからの工場で必要とされる部品などを注文されてはいかがでしょうか?

ダクトの普及および工法についての歴史

ダクトは、屋内の汚れた空気を排出するための送風管です。日本では、工業がさかんになってきた明治時代頃から使われ始めました。製品の製造の際に出てくる金属や繊維などの粉塵を、換気扇が吸い取って、ダクトが屋外へ排出してくれます。厨房にこもった匂いも同様です。これにより屋内の環境は守られ、作業をスムーズにおこなうことができるようになるわけです。また、万が一火災が発生した場合にも、煙を屋外に排出させることができます。それによって命も守ることができるようになるのです。その便利さからダクトは、工場だけでなく一般家庭にも普及していくようになりました。それにつれてダクト自体が制作しやすいように変化してきました。以前は多くのボルトで固定するアングルフランジ工法で制作されていましたが、現在では四隅のみボルトで固定すれば済む共板フランジ工法が主流となっています。

使いやすいように改良されています

ダクトには、断面が四角になっているものや丸くなっているものがあります。いずれも国土交通省から規格が定められていますし、それを守りつつ、なおかつ建物にうまく設置できるようにダクトを制作する必要があります。しかし昨今では、蛇腹状のフレキシブルダクトが増えてきました。L字にしたりU字にしたりと、自在に折り曲げることができるダクトです。様々な建物の様々な場所に設置できるというメリットがあります。ただしフレキシブルダクトだと、凹凸部分が多い分、汚れが付着しやすく、こまめな清掃が必要です。そのため清掃しやすいように、手軽に分解や組立ができるように工夫されていたり、軽量なアルミで作られていたりします。このようにダクトは、使いやすいものへとどんどん進化してきているのです。現在も改良がさかんにおこなわれているので、今後一層使いやすくなっていくと予想されています。

ダクトの使い方

ダクトは工場などの建物に空調として利用することが一般的ですが、その他にも使用する用途は様々です。例えば、地熱を使った暖房を行う際に熱の通り道としてダクトを利用することがあります。

水漏れによってトラブルが発生してしまう前にFRPのライニングを行っておこう。築年数が経っている場合に利用を検討してみませんか?

効果的な安全確保

ガラスが割れた際の破片を防ぐために、飛散防止フィルムを貼ることができます。このフィルムを貼ることで災害時などのガラスの被害にも対応できるので、安全確保に効果的です。

  油の安全な処理を

工場などで利用する様々な油の多くが、環境に悪く特殊な処分が必要なものです。そのため、多くの業者が油処理剤を利用して処分を行っています。油処理剤の利用が環境の維持に繋がるのです。

  素材の特性を活かす

peekとは、芳香族ポリエーテルケトンと呼ばれる素材です。疲労に強く耐熱性が高いpeekは、自動車部品の素材や液晶製造の装置など様々なものの素材として利用されています。